げーむの跡

襟足の行方

あたらしいということ

全くのあたらしいこと、ということがないくらいにキャリアがあるということはわかりました。最後に締める場面の5にんさまが正直すぎて泣いた。
透けチクはスタッフがあとでもちろん美味しくいただきました。